ネズミの駆除とネズミの種類

ネズミの駆除には、超音波や殺鼠剤、粘着シートなどを使用します。
家の中に入って来て悪さをするのは主に大型で外から入って来るドブネズミです。

これは、河川敷や下水道などにもいて泳ぎが得意なネズミで1970年代に下水道が普及したことによって増加しました。

中型で天井などでも大暴れし、壁伝いや綱渡りなどの移動がができ配管も登れるのがクマネズミです。

一時少なくなっていましたが、高層ビルの発達で垂直移動が可能なためまた増え、昨今では都市部のみならず、住宅地でも被害が拡大しています。これらのネズミは食料や家を齧ってしまう被害だけでなく、細菌やばい菌、イエダニやノミなどの寄生虫を媒介する二次被害もありますのでみかけたら駆除しなければなりません。

ネズミの駆除専門の業者さんに頼むのもよいですが、ご家庭で殺鼠剤や粘着シートなどを使用して駆除する方法もあります。



ネズミの駆除には粘着シートと殺鼠剤の併用がおすすめです。粘着シートの周りには新聞紙などの紙を敷くと足ふきマットの代わりをしてくれますのでネズミの足が汚れていても大丈夫です。
その周りに殺鼠剤を複数個設置します。


設置場所は見かけたところ、被害があったところ、糞尿があるところ、ラットサインある場所などです。

設置したらしばらくは様子を見ます。
非常に警戒心の強い動物ですので見かけない殺鼠剤や粘着シートの存在に慣れるまで時間がかかります。



動かさずにそのまま1週間程度は様子を見ましょう。