市販のグッズを使ったネズミの駆除

ネズミの駆除をするためのグッズはさまざまなタイプの商品が市販されております。
それぞれ特徴が異なるため、必要に応じ使い分けを行ったり、併用したりすることで効果的にネズミの駆除が行えます。まず、バネ式の罠は、餌を設置し、仕掛けることで、餌におびき寄せられたネズミがバネで挟まれることで、捕まえる装置です。

ほとんどの場合、罠にかかったネズミはバネの圧力によって死んでしまいます。

設置が簡単なうえに、何度でも使えるという点で使いやすいです。



ネズミをかごに閉じ込めることによって、ネズミを生け捕りにするタイプもあります。
ネズミを生け捕りにすることでその後の処理が必要となります。また、同じ生け捕りにするタイプとして、粘着シートがあります。


粘着シートは他のグッズと比べると安価ですが、埃が積もったりすると、設置後、効果が薄れてしまうなどの弱点があります。

ネズミの駆除をするにあたって、生け捕りにしたネズミを殺す方法としては、水で溺死させるなどの方法がとられますが、殺すのに抵抗があるという場合にはあまりお勧めできません。



毒のエサを用いる方法は、古典的な方法ですが、効果的です。


毒のエサは自分で作ることもできますが、市販されているものもあります。



市販されているものには、一回の接触で効果を発揮する、急性のものと、数日間連続で摂取することで効果を発揮する累積毒剤の二種類があります。

利用する際には、小さな子供や、ペットなどが誤って食べないようにすることが大切です。